JR放出駅、地下鉄高井田駅より徒歩約12分、内科・循環器内科・血管外科・外科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・いわさきクリニック。

内科・循環器内科・血管外科・外科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科

ご予約・お問い合わせ 06-6782-3132

大阪府東大阪市森河内東1-28-14

診療のご案内

診療のご案内

地域の皆様が安心できる″身近なかかりつけ医″を目指しています。

当院は循環器 (心臓、肺、血管の病気) および生活習慣病 (高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風など) を中心に、内科と外科の両方の立場に立って診療を行っております。また、整形科専門医、皮膚科専門医、消化器内科専門医による診察も並して行っております。当院ではまず患者様のお話を聞き、現在の状態を把握した上で、個々の症状に合わせて治療を行ってまいります。必要であれば関連病院などに紹介し、提携して治療にあたります。特殊外来(下肢静脈瘤外来・フットケア外来・美肌アンチエイジング点滴・AGA(抜け毛)外来・にんにく注射・プラセンタ注射)、お子様の診察、健康診断、予防接種なども可能ですのでお電話にてご相談ください。
循環器疾患と言えば、急性心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈などを思い浮かべるかもしれません。しかし、高血圧症、糖尿病、高脂血症といったような生活習慣病や、飲酒、喫煙、ストレスをはじめとする生活習慣の乱れがその一因とされています。また、近年メタボリックシンドロームと呼ばれる病態はインスリン抵抗性がその背景であることが解明されており、当院ではそれらの病態を踏まえた診療を心がけ、薬物 療法のみならず、きめ細やかな生活指導も行い、できるだけ日本人の死因の第2位とされる脳・心血管疾患を予防するよう努めております。内科全般の診療の経験も豊富ですのでどんな病気のことでも気軽にご相談ください。

内科全般

風邪、気管支炎、インフルエンザ、胃腸炎、鼻炎、花粉症、不眠症、心身症など様々な疾患・症状に対応いたします。しんどい、ふらつく、やせる、のどが渇く、むくむ、かゆみ、眠れないなど…。何科を受診すればよいのかわからないような場合もお気軽にご相談ください。内科・外科・救急外来での経験を生かした診療をさせていただきます。また検診で指摘されたような高血糖、高血圧、コレステロール、中性脂肪の高値などの生活習慣病やメタボリックシンドロームについては当院の専門とするところです。是非ご相談ください。また、このような生活習慣病と平行して、神経、肺、胃腸、肝臓、腎臓、内分泌、血液など全ての疾患の診療にも長年携わってきましたので気軽に御相談ください。病気によっては適宜専門医に紹介しております。

循環器疾患

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、先天性心臓病、大動脈瘤、大動脈解離、動静脈疾患、不整脈などの診療に大学病院・総合病院の専門医として携わってきました。循環器疾患は経験豊かな医師が診れば患者さんのお話と診察で7~8割は診断がつき、残りは検査で診断が確実になります。胸痛、動悸、息切れ、息苦しさ、むくみ、めまい、失神など心臓病に関係した症状のある方は御相談ください。

生活習慣病

生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されていて、代表的な病気としては歯周病、骨粗鬆症、アルコール性肝疾患、肥満症、痛風、高血圧症、糖尿病、高脂血症、心臓病、脳卒中、がんなどがあります。かつては加齢とともに発症・進行すると考えられて「成人病」と呼ばれていたのですが、若い人でも発症し、子供の頃からの悪い生活習慣の蓄積がその発症に大きく関わっていることがわかり、96年に、生活習慣病という呼び名に変わりました。当クリニックではこれらの疾患に対して積極的に治療・指導を行っております。

ご高齢者の方へ

高齢者の方はしばしば複数の疾患をかかえていらっしゃいますが、病気の数だけ専門医に診てもらうのが良いとはいえません。
患者様を1人の人間として出来るだけ全人的に診させていただくよう心がけています。在宅療法・往診にも積極的に取り組みたいと考えておりますのでご相談ください。

血管外科

血管は全身にはりめぐらされている大切な臓器の一種です。ですから血管の病気はとても範囲が広く、簡単に全てを網羅することは出来ません。しかし病気の種類 によって好発部位、 好発年齢といった片寄りがあるためにおおよその見当をつけることが出来ます。障害 臓器によって様々な症状を呈することがありますので、お気軽にご相談ください。

フットケア

手足が冷たい、歩くと痛い、しびれる、むくむ、だるいなどの症状がある患者さんが対象です。これらの原因となる病気には下肢静脈瘤、静脈血栓症、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、糖尿病、レイノー病、下肢還流障害、リンパ浮腫などあります。 診察、エコー、血圧脈波測定計による血流測定を行うなどして、足に悩みのある患者様の診療をします。 <透析患者さま> 下肢の動脈硬化のあるケースが多く、火傷、感染、潰瘍、壊疽からばい菌が入ると、最悪の場合は足を切断しなければいけません。 その結果、日常生活がかなり不便になり、命を落とすことにもなりかねません。患者さまご自身で気をつけていただくことも大切ですが、目の不自由な患者さまも多く、スタッフによる定期的な足の観察やマッサージが必要です。このような処置をまとめて、フットケアと呼んでいます。定期的なフットケアをおこなうことにより、足の病気の悪化を予防し、最悪の事態を回避することができます。

整形外科

当院では腰痛、肩こり、四十肩、膝関節炎、骨粗しょう症、坐骨神経痛、骨折、脱臼、腱鞘炎、リウマチなどの疾患を中心に診療を行っております。また当院の整形外科医はスポーツ整形外科を特に専門としており各種スポーツ障害などにも熱心に取り組んでおります。
毎週水曜日の午後(17:00〜20:00)に整形外科専門医の先生が来られます。

※注意・・・整形外科に関する診察は通常の時間にも行っております。

リハビリテーション科

さまざまな機械を使って温熱、光線、マッサージ、電気による治療で疼痛の緩和、循環の改善、障害の予防と軽減および筋肉の協調性を回復します。
当院では、柔道整術師によるマッサージやストレッチの指導を行っています。

外科

外科とは、手術で病気を治す部門です。しかし、近年の医学の発達に伴い、「外科は切るだけ」というイメージは変わりつつあります。手術自体も、患者さんの 生活を損なわないような配慮がなされるようになってきました。すなわち、より侵襲の少ない(体に与える影響の少ない)手術方法、機能を温存した手術方法が 選択されるようになってきたのです。 例えば、大きくおなかを切るかわりに腹腔鏡や内視鏡で手術を行ったり、乳腺を残しながら乳癌の治療を行ったりすることがあげられます。侵襲が少なければより早く退院できるため、患者さんの生活の乱れが少なくできます。また、従来は入院しなければできなかった治療や医療サービスも、できるだけ外来通院で行うように配慮しています。当院の外科は、主に下肢静脈瘤・乳腺疾患の治療を行っていますが、そのほか外傷、熱傷、痔、ヘルニアなど、広い範囲の疾患を対象としています。また、救急救命医療にも積極的に参加しています。病気によっては適宜専門医に紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

アレルギー科

気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの治療を行います。

小児科

当院は小児科・小児外科などお子様に関する病気全般についても診療を行っています。急な発熱、乳児検診、インフルエンザ等のワクチン・予防接種、アレルギー検査等、お子様の病気について気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。各医療機関と連携をとり、病院へのご紹介もさせていただいております。予防接種の方は母子手帳および問診票に必要事項を記入してお持ちください。

● アレルギー検査について

お子様の症状だけではなく、ご両親のアレルギー性疾患の既往歴/アレルギー源の特定が重要です。アレルギー性疾患としてアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症、果物アレルギー、気管支喘息があったかどうかを確認してください。
また他院で調べた検査報告書があればお持ちください。
当院ではお子様にもダニ、ハウスダスト、動物上皮、食物(卵白、卵黄、牛乳、小麦、大豆など)、花粉(杉、ひのき、イネ科食物、雑草など)に対する血液検査を行っています。
公立保育園では食物アレルギーの除去食品について詳しい書類を提出する必要があり、検査が必要になることがあります。

● 小児外科

当院では日常的な小児外科疾患、鼡径ヘルニア、陰嚢水腫、停留睾丸、包茎、包皮炎、亀頭炎、臍ヘルニア、臍肉芽腫、などの診断あるいは治療を行っています。手術を必要とする場合には大阪市立大学医学附属病院、大阪市立総合医療センターなどの専門医療機関へ直ちに紹介いたします。

一般皮膚科

当院ではじんましん、アトピー性皮膚炎、にきび、やけど、水虫、イボ、とびひ、切り傷、すり傷、できもの、巻き爪、その他皮膚炎疾患全般の治療を扱っております。
必要に応じて、各種検査や手術も行います。漢方薬による治療も行っております。診療は健康保険適用(一部適応外)となりますので、各種保険証をご持参ください。
隔週金曜日の午後(17:00~20:00)に皮膚科専門の先生が来られます。

美肌アンチエイジング点滴

プラセンタや、各種ビタミン剤等を直接体内に注入することで、欠乏している栄養素を血液を介して細胞や組織に活性を与えることができ、短時間で全身の新陳代謝が盛んになります。成分の吸収性も高く、美容・アンチエイジングに非常に効果的です。

AGA外来

AGA(男性型脱毛症)に対してプロペシア内服による治療を行います。自由診療となりますので、保険診療外となります。

予防接種

インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン、風疹、麻疹、MR(麻疹+風疹)、二種混合(DT)、
四種混合(DPT-IPV)、おたふく、水痘
当院は東大阪市のワクチン委託医療機関です。

健康診断(特定健診)

病気になる前段階で発見でき、生活習慣の改善で病気への移行が阻止できれば、それが理想的です。そのために定期的に健康診断を受けることが重要です。当院では定期健康診断、東大阪市検診、企業検診(採用時)、特定健診、ガン検診などを随時受け付けております。

● B型肝炎・C型肝炎検査・・・+3,100円

各種診断書作成

下記の診断書・証明書など。
検査項目は提出書類等にあわせ、ご相談に応じます。
提出用診断書、提出様式書類をお持ちください。

  • 主治医意見書
  • 生活機能評価判定
  • 医学適性検査診断書
  • 健康診断書など(警察官採用選考健康診断書、入居前健康診断)
  • 各種診断書(入学、就労、任意保険加入、アヘン・麻薬等)
  • 当院は難病指定医医療機関で難病医療費助成の申請書類作成が可能です。
  • 予防接種証明書(和文;会社・学校への提出)
  • 小型船舶操縦士身体検査診断書
  • 治癒証明書(和文;会社・学校への提出)
  • 保険加入審査のための診断書

労働災害(労災保険)

当院は、労災保険指定医療機関です。
受診前にお電話をくださいますようお願い致します。
業務中のケガなどであればその旨お申し出ください。
すべての診察処置が当院で完結しない場合がございます。その場合には専門の医療機関をご紹介します。

● 受診について

業務中や通勤途中で怪我を負った場合は、まずは最寄りの病院へすぐに受診され、受付窓口で必ず労災であることをお伝えください。この際に、健康保険証は提示しないで下さい。
もしも労災保険扱いであるにもかかわらず健康保険などの保険証を使用されてしまいますと、後日、社会保険事務所または健康保険組合に取り消しの申請をし、改めて労災へ切り替えるというとても煩雑な手続きが必要となります。
初回の受診時には、労災の申請や、書類の準備が間に合わないことも多いです。診察が終わられましたら、お勤め先の人事などの担当部署に受診した病院名などを報告され、労災申請を行って下さい。

● 労災申請・持参書類について

申請につきましては「療養補償給付たる療養の給付請求書」様式5号などの書類を持参ください。これらはお勤め先でお求めになることができます。
上記の他、インターネットで「労災保険給付関係請求書等ダウンロード、厚生労働省」で検索することも可能です。書類は印刷し必要事項を記載されたうえで持参ください。
受診される方のほか事業主の方のお名前、ご住所の記載や捺印も必要です。この書類の裏面には、記入にあたっての注意事項が記載されていますのでよくお読みください。

ページトップへ