JR放出駅、地下鉄高井田駅より徒歩約12分、内科・循環器内科・血管外科・外科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・いわさきクリニック。

内科・循環器内科・血管外科・外科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科

ご予約・お問い合わせ 06-6782-3132

大阪府東大阪市森河内東1-28-14

血管外来

血管外科について

血管外科という診療科をご存知の方は少ないと思います。それは、従来血管の病気といいますと 一般の方にはなじみが薄く、それを専門的に扱う診療科も日本では少なかったからだと思います。そのような病気にかかった場合、患者さんがどこで診療を受ければよいのか迷われるのではないでしょうか。通常一つの系統疾患には、例えば消化器疾患に対して消化器内科と消化器外科があるように内科と外科があり、各々の領域を担当しておりますが、血管疾患に関しては手術が必要な病気が多いせいもあり、血管内科というものはなく、血管外科が全てを担当し薬物治療と手術を行っております。ただ血管外科は、病院内では非常に特殊な部門とみなされ、一般にもあまり知られていなかったのですが、近年いろいろな領域でその必要性が認識され、注目を集めるようになりました。

近年生活様式の欧米化、人口の高齢化に伴い動脈硬化症が日本でも増加しつつあり、それによるいろいろな病気が顕著となってきました。動脈硬化症では動脈が閉塞するか拡張するか、またその病変がどこに発生するかで多彩な病態を示します。例えば、脳の動脈に閉塞が起これば脳梗塞で、心臓では狭心症や心筋梗塞となります。腹部大動脈でも閉塞を起こしたり、拡張をきたし大動脈瘤を形成します。前者の腹部大動脈高位閉塞症では、腹部内臓や下肢の血行障害を起こし、自覚症状としては歩行障害、下肢のしびれ、だるさ、痛みといった症状がでます。後者の腹部大動脈では、自覚症状はあまりなく、最終的には破裂をきたします。血管外科では、前者には人工血管によるバイパス手術、後者には瘤切除・人工血管置換術を行います。また、下肢の動脈にはよく閉塞をきたし、閉塞性動脈硬化症といわれ下肢の血行障害により歩行障害、しびれ、痛みを呈し、進行すると足の先から紫色や黒色に変化し腐って壊死に陥ります。これにはバイパス手術やバルーン付きカテーテルによる血管拡張術が行われます。残念ながら壊死に陥った場合には、下肢の切断が必要になります。
動脈は急に閉塞する事があり、動脈塞栓症か血栓症が原因となりますが、いずれも強い痛みを伴い、急いで血栓や塞栓摘除術を行い血流を再開させなくてはなりません。血流再開が遅れると閉塞した部位の壊死をきたします。一方、静脈の病気では、下肢の静脈が膨らむ下肢静脈瘤がよく女性に見られます。軽症であれば何もしなくてよいのですが、重症では静脈瘤に対する硬化療法や静脈結紮術が必要です。下肢の静脈が急に閉塞し下肢がはれる静脈血栓症では早急に静脈内血栓摘除術が必要です。
血管疾患は、意外と広範囲にわたり、緊急手術が必要な疾患が多く迅速な対応が求められます。当クリニックでは血管疾患の診断・治療に当たる体制を整え、地域の血管外科施設としてその診療に当たりたいと思います。

血管外科で対象となる症例

● 腹部大動脈瘤(AAA)

動脈瘤は、動脈が局所的に拡張したり、血管壁の一部が弱くなって、紡錘型(つりがねがた)に血管自体が太くなる病気です。放置すると破裂し、身体に大きな影響を及ぼす疾患です。破裂した場合は70%~90%の患者さんが亡くなるといわれています。病院に受診できた場合で、死亡率は30%~40%です。瘤が破裂する前に手術を行う必要があります。

● 閉塞性動脈疾患 (ASO)

肥満や糖尿病、喫煙などの生活習慣から動脈硬化となります。脳の動脈硬化からおこる脳梗塞や、心臓の動脈硬化からおこる心筋梗塞は、死に至ることもある恐ろしい病気です。では、同じ動脈硬化が足の動脈におこるとどうなるでしょうか。以下の項目に思い当たるものがひとつでもあったら、閉塞性動脈硬化症(ASO)の可能性が ...
以下の項目に思い当たるものがひとつでもあったら、閉塞性動脈硬化症(ASO)の可能性が ...
1. 最近、歩くのがおっくうになった、つらい。
2. 休まずに歩ける距離が短くなった。
3. 歩くと足の筋肉が痛くなる。特に坂道や階段を登る時に痛む。
4. 足がいつも冷たく感じる。
5. 左右の足の色が違う。

● バージャー病

たばこを吸う20才代から40才代の男性(女性は少ない)にみられる代表的な手足の動脈の病気です。しかもだんだんと血管がつまってくるために、ほっておけば足が腐ってしまう病気です。別名として特発性脱疽とか、閉塞性血栓血管炎とか言われることがあります。病気は、足趾(あしゆび)や指にチアノーゼ(皮 膚が濃い青紫色になること)や強い痛みがおこり、時間ともに皮膚が剥げたような潰瘍、腐った壊死と呼ばれる状態になります。ついには足だけの切断、ひどく なると膝関節の15cm位下での切断になることがあります...

● 下肢静脈瘤

静脈瘤は、静脈にある弁の機能が低下することにより、血液の逆流が生じ、その結果静脈圧が高くなることによって発生します。女性に多い病気で、ありふれた病気です。特に妊娠時に発症する場合が多くあります。症状として、こむらがえりや立位後の倦怠感、むくみ、ひどい場合は色素沈殿や皮膚炎症があります... 患者さまの不安・心配・悩みをとりはぶき、快適な日常生活が出来るよう、他の診療科とも相談しながら進む血管外科です。ご意見などありましたら気軽にお寄せ下さい。

ページトップへ